わが家の歴史 感想

全3話とも見ました。

八女家の歴史の中に、実際に存在した有名人を登場させるところが面白かった。
そう言うところは抜きにして話も面白かった。

このドラマは鬼塚役の佐藤浩市がとても格好よい。
政子・柴崎コウを奥さんがいるのに2号さんとしてではなく妻として大切にしている所がカッコいい。
死んでしまったら淋しくなってしまい、存在感が凄いある人だったよな…って思った。
その奥さんの天海祐希も格好いい。天海さんは「強い女」って言う役が本当にピッタリとはまる。

良い味を出していたのは売れない作家、阿野三成役の山本耕史には笑えた。
普通は言わない一言をズバリと悪びれもせずに言い切ってしまう(笑)
それを聞いて、周りの人が慌てふためく所も面白かった。
何度もそう言う発言を重ねるたびに、周りも分かってきて「またか・・・」みたく変化した所も面白い。
こういう妙な笑い、笑える所が三谷さんの脚本だわ…って思ってしまう。

西田敏行といかさま師っぽい高田純次も面白かった。
ゾウを輸入しようとして死んでしまい尻尾だけ…とかフラフープならぬフラ…なんとかって言うものを売ろうとしたり…高田純次をなぜ信用するのか?(笑)でもまたかよ~って思って面白かった。結局は仕事面では何もかも上手くいかなかった父、西田敏行だけれど幸せな家庭、家族には恵まれていた。
この人なしではドラマの面白みが半減だったと思う。
そして要所要所で良い演技で不思議な温かさと笑いをもたらしてくれた。

フジテレビ50周年ドラマ…私にとって面白いドラマでした。

公式サイト:わが家の歴史 - フジテレビ

キャスト
八女政子(長女) - 柴咲コウ
鬼塚大造(政子の夫):佐藤浩市
八女実(政子と大造の息子) - 加藤憲史郎〔1〜2歳〕、加藤清史郎〔6〜10歳〕
八女義男(長男) - 松本潤(嵐)
八女宗男(次男) - 佐藤隆太
八女波子(次女) - 堀北真希
八女房子(三女) - 榮倉奈々
一之瀬ゆかり(義男の恋人) - 長澤まさみ
つるちゃん(本名:津留つるたろう(漢字表記は不明)・一家の幼馴染) - 大泉洋
大浦竜伍(政子の元許婚者) - 玉山鉄二
阿野三成(波子の恋人・小説家) - 山本耕史
マリア(宗男の妻) - 鈴木砂羽
古賀巳代治(時次郎の戦友) - 高田純次
鬼塚千晶(大造の本妻) - 天海祐希
八女マキ(母) - 富司純子
八女時次郎(父) - 西田敏行

美空ひばり - 相武紗季、さくらまや〔10歳〕
高倉健〔学生時代〕 - 小栗旬
笠置シヅ子 - 戸田恵子
榎本健一 - 木梨憲武(とんねるず)
手塚治虫 - 藤原竜也
力道山 - 山口智充
村田英雄 - 中尾明慶
長谷川町子 - 和久井映見
吉田茂 - 角野卓造
糸川英夫 - 高嶋政伸
白井義男 - 武田真治
黒澤明 - 宇梶剛士
仲代達矢 - 山田孝之
古川ロッパ - 伊東四朗
遠藤周作 - 八嶋智人
丸山明宏 - ウエンツ瑛士
升田幸三 - 内野聖陽
山下清 - 塚地武雅(ドランクドラゴン)
永井荷風 - 石坂浩二
岸信介 - 小日向文世
池田勇人 - 宮川大助(宮川大助・花子)
畑正憲 - 今井悠貴