1. 地獄少女 三鼎 「六文燈籠」

    今まで、ゆずきにとってちょっと知っている人が地獄少女と関わり地獄へ行ってしまうのを見続ける…と言う感じでゆずきはある意味傍観者的な感じでした。とうとう、ゆずきも大事な友達を失う…ゆずきに感情移入して見ていた私は、心が痛かった。悲しかった目の前で友達が地獄に送られてしまう瞬間を見てしまうなんて。そして今回、地獄少女がゆずきの中から離脱した。離脱したシーンは幻想的で綺麗でした。これからのストーリーどうな...